Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
ブートローダーについて   Windowsを撤去する   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 7)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows Vista)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows XP)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 2000)  

本当にUbuntu 10.04 LTS デスクトップを削除しますか?

興味があって一通り使ってはみたものの、「やっぱりWindowsのほうがいい!」と思われる方も少なからずいらっしゃることでしょう。

Windowsがインストールしてあるパソコンに、デュアルブート環境で Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ がインストールしてあっても、Windowsのパフォーマンスには何の影響も与えません。強いて悪影響を挙げるならば、Windowsが使用できるはずのハードディスクの容量がUbuntuのインストールにより幾分減らされているだけでしょう( 【クリーンインストールとデュアルブート】 を参照)。

ですから、もしもこの「少しばかりWindowsで使えるハードディスク容量が減っている」ことが、あなたのパソコンライフに大きな影響を与えないのであれば、できれば Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ は削除せず、そのまま残しておくことをお勧めします。

このサイトの冒頭の、 【Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ】 それに、 【Ubuntuって何?】 で説明しているとおり、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ は非常に高速で強固なオペレーティングシステムです。

もしも使わなくなったとしても、デュアルブートの Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を残しておけば、例えばWindowsが不調になったときに代替のオペレーティングシステムとしても使えますし、Windowsの不調の原因がWindowsの破損によるものなのか、ハードウェアの不具合によるものかが判断がつかないときに、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を使ってみることで容易に問題点の切り分けができるという利点もあります。

更に、Windowsが全く起動できなくなって、ハードディスクに保存しておいたデータが取り出せなくなったときにも、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を使うことで容易にデータを救出することができるというメリットもあります。

このページでは、「それでもUbuntuを削除してしまいたい!」という方のために、デュアルブート環境から Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を削除してしまう方法について説明します。

なお、このページの説明は筆者が実地に基づいて記述していますが、パソコン環境は多種多様であり、必ずしも同じ結果になるとは限らない点をご了承ください。また、このサイトを参考にアンインストール作業を行った結果、Windowsやデータなどに破損があっても、筆者は責任を負うことができない点も予めご了承ください。

アンインストールの作業手順について

Windowsがインストールしてあるパソコンに、デュアルブートインストールで Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が導入されたパソコンから、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を削除するには、

1.Windowsの機能を使って、MBRをWindows用に修復する。

2.不要になったUbuntuのパーティションを削除する。

という手順を踏みます。先に 2. を実施してしまうと、Windowsも起動しなくなってしまいますので注意してください。

なぜそうなってしまうかについては、 【ブートローダーについて】 で説明していますので参考にしてください。

MBRを修復する(Windows 2000)

Windows2000のインストールディスクから起動して修復

インストールディスクはフルインストール版、アップグレード版などの類は問いません。どれでもOKです。

正規のWindows2000のインストールディスクをお持ちの方は、インストールディスクからパソコンを起動して、 「回復コンソール」 から起動ハードディスクのMBRを Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストール前の状態に修復することができます。

インストールディスクをパソコンにセットしてパソコンを起動、または再起動してインストールCDからパソコンを起動すると、「セットアップの開始」の画面になりますので、回復コンソールを起動するために R キーをタイプします。

Windows2000の「回復コンソール」を起動する
Windows2000の「回復コンソール」を起動する

次にお使いのキーボードの種類に合わせてキーをタイプします。

キーボードの選択
キーボードの選択

引き続き選択したキーボードの確認を要求されますから、 y キーをタイプします。すると修復方法の選択になりますので、 C キーをタイプします。

Windows2000の「回復コンソール」を選択する
Windows2000の「回復コンソール」を選択する

パスワードを設定していない場合は、そのまま Enter をタイプしてログオンします。

すると回復コンソールが起動しますから、ログオンするWindows2000を数字で選び(通常は一つだけしかインストールされていないので"1"になります)、 Administrator(管理者) のパスワード→ Enter をタイプしてログオンします。

回復コンソールからWindows2000にログオンする
回復コンソールからWindows2000にログオンする

回復コンソールにログオンできたら、 fixmbr Enter とタイプし、確認で y Enter 、最後に exit Enter とタイプします。

MBRの修復コマンドを実行
MBRの修復コマンドを実行

以上でMBRの修復作業は終了し、パソコンが再起動されますので、ブートローダー GRUB による Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の起動メニューが表示されず、直接Windows2000が起動することを確認してください。

インストールされている回復コンソールから修復

ご利用のパソコンに、既に「回復コンソール」がインストールされている場合は、インストールCDから起動せずに回復コンソールを起動し、上記【Windows2000のインストールディスクから起動して修復】と同様に操作すればMBRの修復を行うことができます。

「回復コンソール」は自分でインストールしなければならない修復ツールですので、これがインストールされているパソコンをお使いの方はそのインストール作業を行った経験があると思います。従って起動の仕方や手順などは割愛いたします。

現在お使いのパソコンに回復コンソールをインストールする方法については、マイクロソフトサポートオンラインの、

[HOWTO] Windows 2000 での回復コンソールのインストール方法および使用方法

を参考にしてください。

セットアップフロッピーディスクから回復コンソールを起動して修復

起動可能なフロッピーディスクドライブをお持ちの場合は、マイクロソフトサポートオンラインの、

Windows 2000 用のセットアップ ブート ディスクを作成する方法

Windows 2000 回復コンソールについて

を参考にしてフロッピーディスクからパソコンを起動して回復コンソールを実行することができます。

Windows7のシステム回復ディスクから起動して修復

※筆者検証済みですが、アンオフィシャルな方法ですから自己責任でお願いします。

Windows7では、Windowsの起動トラブルに対処するため、Windows7をインストールしたパソコンから 「システム回復ディスク」 を作成することができるようになってます。

Windows7では、この「システム修復ディスク」を使用して、起動ハードディスクのMBRを Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストール前の状態に修復することができます( 【MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 7)】 を参照)。

Windows2000ではこのような 「システム回復ディスク」 をCDやDVDで作成するサービスは残念ながら準備されていませんから、この方法によるMBRの修復を行うことはできません。

一方、メーカー製のWindows2000プリインストールのパソコンで、Windows2000のインストールディスクが付属していない場合には、インストールディスクからの起動によるMBR修復も行うこともできません。

結局こういうケースでは、自分で新たにWindows2000を購入するか、一時的に知人からインストールディスク借りるなどの手段が必要となります。

しかし、 Windows7で作成したシステム修復ディスクを使ってWindows2000をインストールしたパソコンのMBRを修復することは可能です

Windows7のシステム回復ディスクは、Windows7がインストールされているパソコンであれば何枚でも作成できますし、起動時にマイクロソフト社のライセンス承諾をする必要もありませんから、Windows7をお持ちでない方はWindows7をお使いの知り合いの方にシステム修復ディスクを作成してもらい、譲ってもらっても問題はないと思います。

Windows7のシステム修復ディスクをパソコンにセットしてパソコンを起動、または再起動してシステム修復ディスクからパソコンを起動すると、言語とキーボードの選択画面になりますので、そのまま 次へ(N) をボタンをクリックします。

Windows7のシステム修復ディスクからパソコンを起動する
Windows7のシステム修復ディスクからパソコンを起動する

すると、 【MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 7)】 の前半の【Windows7のインストールディスクから起動して修復】で説明した「システム回復オプション」が起動します。

ちなみに、Windows7とWindows2000ではブートマネージャの種類が違いますので(前者はWBM、後者はNTLDRです)、Windows2000はインストール済みオペレーティングシステムとして検出されません。

「システム回復オプション」へ(Windows2000の場合)
「システム回復オプション」へ(Windows2000の場合)

しかし修復を行うのはWindows2000ではなくMBRですから、ここでWindows2000が検出されていなくても問題はありません。以降は同様に作業をすればOKです。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのパーティションを削除する

MBRの修復が終わったら、不要になった Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のパーティションをハードディスクから削除します。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ では、

・ システムを配置し、データを保存するための領域として一つ。

・ スワップ領域として一つ。

の二つの領域を必要としますから、ここで削除するパーティションも通常は二つになります( 【ディスクの設定(デュアルブート)】 を参照)。

パーティションの削除は、WindowsVistaが実装している「管理ツール(マイコンピューターを右クリック→管理)」→「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」から行うことができます。

パーティションを削除する
パーティションを削除する

市販のパーティショニングツール( 【インストール前の準備】 を参照)を使用すると、このあたりの作業は確実に行うことができます。

Windowsは、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ がインストールされている ext4 フォーマットやスワップ領域のフォーマットをサポートしていませんから( 【ディスクとパーティションについて】 を参照)、これらのパーティションは、 「フォーマットの種類が不明でドライブ名がないパーティション」 としてしか表示されない点に注意してください。

パーティションを削除した後の「未割り当て」領域は、そのままパーティションを作り直してWindows用フォーマット後に使用することもできます。

しかし残念ながらWindows2000の「ディスク管理」は、Windows7やWindowsVistaの「ディスクの管理」のように、既存のパーティションを拡張することはできませんから、パーティションをきれいにつかうには市販またはフリーのパーティショニングツールを使用してください。

以上で Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の撤去は終了です。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。