Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
ブートローダーについて   Windowsを撤去する   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 7)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows Vista)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows XP)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 2000)  

使わなくなったWindowsを撤去する

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の扱いにも慣れて、「もうWindowsは使わない!」と心に決めたら、もしもお使いのパソコンがデュアルブート環境になっているのであれば( 【クリーンインストールとデュアルブート】 を参照)、いっそのことWindowsを消してしまいましょう。

特に、古くなって「Windowsではもう使えない」と思って Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をデュアルブートインストールしたのであれば、元々パソコンのハードディスクの容量もあまり大きくはないでしょう。

だったらWindowsを消去して、Windowsが居座っていた分のハードディスクを Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ に割り当ててやれば、もっと快適なパソコンライフが送れると思います。

デュアルブート環境からWindowsを取り除く手順は、

1.Windowsのパーティションを削除する。

2.ブートローダ"GRUB"を再構築してWindowsの起動情報を削除する。

となります。

Windowsのパーティションを削除する

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ からWindowsのパーティションを削除するには、 「ディスク・ユーティリティ」 を使用します。

デスクトップの上部パネルの「システム」メニューから、「システム管理」→「ディスク・ユーティリティ」を開きます。

「ディスク・ユーティリティ」を開く
「ディスク・ユーティリティ」を開く

「ディスク・ユーティリティ」が開いたら、左側のリストからWindowsがインストールされているハードディスクを選びます。

ディスクを選択する
ディスクを選択する

次に、Windowsがインストールされているパーティションをイメージから選択し、 パーティションを削除(E) ボタンをクリックします。

Windows(NTFS)パーティションを削除する
Windows(NTFS)パーティションを削除する
Windows(NTFS)パーティションを削除する

すると、以下のような認証のダイアログが表示されますので、 【ユーザー名とコンピュータ名の設定】 で設定したパスワードを入力して 認証する(A) ボタンをクリックします。

パーティション削除の認証を行う
パーティション削除の認証を行う

次に、削除されたパーティションを Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ 用の新しいパーティションとして作成し直します。

パーティションの削除によってできた 未使用領域 をイメージから選択し、 パーティションを作成(C) をクリックします。

新しいパーティションを作成する
新しいパーティションを作成する

名前(N)は日本語で付けることも可能ですが、ディレクトリ名に日本語を使うと文字化けなどのトラブルの元になりますので、1バイト文字(半角英数字)で付けるようにします。

パーティション作成のダイアログが表示されたら、 サイズ(S) で確保するパーティションの容量を指定し、 タイプ(T) ext4 であることを確認します。

名前(N) の部分は、このファイルシステムをマウントしたときのディレクトリ名になりますので、適当な名前を付けて、 作成(R) ボタンをクリックします。

パーティションの作成のダイアログ
パーティションの作成のダイアログ

パーティションの作成が終わったら、これを Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ で使用できるように マウント する必要があります。

作成されたパーティションをイメージから選択して、 ボリュームをマウント(M) ボタンをクリックします。

ボリュームをマウントする
ボリュームをマウントする

すると、以下のようにパーティションが "/media/mydata" の位置にマウントされますから、表記の部分をクリックしてみてパーティションがフォルダとして開くことを確認します。

ボリュームのマウントを確認する
ボリュームのマウントを確認する

新しくマウントされたボリュームは、上部パネルの「場所」メニューに追加され、一度開くとデスクトップにアイコンとして表示されます。

新しいボリューム/media/mydataを開く
新しいボリューム"/media/mydata"を開く

以上でWindowsパーティションの削除と、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ 用の新しいパーティションの作成は終了です。

ブートローダ"GRUB"を再構築してWindowsの起動情報を削除する

Windowsのパーティションを削除した後 "GRUB" の再構築を行うと、自動的にWindowsの起動情報も削除され、ブートメニューのリストからWindowsの起動項目が消去されます。

ですから、ブートメニューをカスタマイズして、Windowsをデフォルトで起動するように設定を変更している場合( 【ブートメニューのカスタマイズ】 を参照)、このまま"GRUB"の再構築を行うと、 「デフォルトで指定しているWindowsが実在しない」 ためエラーになってしまいますから、 "GRUB" の再構築を行う前にこの部分の設定を修正する必要があります。

また、Windowsを起動する必要がなくなれば、起動メニューはトラブルシュートのときにだけ表示されればよいだけですから、メニューの表示そのものを消してしまっても良いでしょう。

そこで、 【ブートメニューのカスタマイズ】 の説明に従って、"/etc/default/grub"をgeditエディタを開き、

1."GRUB_DEFAULT"のパラメータを"GRUB_DEFAULT=0"に設定して、常に最新カーネルで Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が起動するように設定する。

2."GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0"の先頭行の"#"を削除して、ブートニューが表示されないようにする。

という修正を行います。 は必須ですが はお好みで設定してください。

修正後の/etc/default/grubの内容
修正後の"/etc/default/grub"の内容

修正が終わったら"/etc/default/grub"を保存し、

sudo update-grub Enter

とタイプします。すると、編集した "/etc/default/grub" の内容で "/boot/grub/grub.cfg" が書き換えられ、設定が修正されます。

sudo update-grubを実行してGRUBのブートメニューを再構築する
sudo update-grubを実行してGRUBのブートメニューを再構築する

以上でWindowsの環境はパソコンからすべて消去され、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ オンリーの環境となりました。

※プログラム・アップデートのときの注意点

このページでの説明を含め、 GRUB の手作業による再構築によって起動リストの基本的な構成が変更された場合、プログラムのアップデート( 【プログラムアップデートについて】 を参照)を実施したとき、ブートローダー 「GRUB」 のアップデータが含まれていると、「起動リストがユーザーにより修正されている」と判断されて、以下のダイアログが表示されます。

起動リストの修正が行われているときにGRUBのアップデートが実施されるときのダイアログ
起動リストの修正が行われているときにGRUBのアップデートが実施されるときのダイアログ

この場合は設定を維持するために、 進む(F) をクリックして先に進み、次のダイアログでは、 「Continue without Installing GRUB?」 にチェックを入れて、 進む(F) をクリックして先に進んでください。

起動リストの修正が行われているときにGRUBのアップデートが実施されるときのダイアログ
起動リストの修正が行われているときにGRUBのアップデートが実施されるときのダイアログ

以上の作業を行わないと、「プログラム・アップデート」はその先の処理を行わずに待機状態になってしまいますので、上記ダイアログを確認したら速やかに対処してください。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。