Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
ブートローダーについて   Windowsを撤去する   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 7)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows Vista)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows XP)   MBRを修復してUbuntuを撤去する(Windows 2000)  

デュアルブートの仕組みとブートローダー「GRUB」の働き(Ubuntuのアンインストールで失敗しないために)

話がわかりやすいように、まずパソコンのハードディスクからWindowsが起動するプロセスをごく簡単に説明します。

1.電源を入れられたパソコンがBIOSの設定に従ってハードディスク先頭の MBR(Master Boot Record) という部分の起動情報を読み込む。

2.MBRがWindowsの起動マネージャである NTLDR(Windows 2000,XP) または WBM(Windows Vista,7) の起動リストを呼び出す

3.MBRが起動リストに記述されているWindowsを起動させる。

さて、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラは、こういう状態になっているWindowsの起動マネージャの存在を検知すると、

1.Windowsの起動マネージャの中の起動リストの内容を、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の起動リストファイル "/boot/grub/grub.cfg" に追加書き込みする。

2.MBRの内容を汎用ブートローダープログラムである GRUB で書き換え、オペレーティングシステムの起動リストの読み込み先を "/boot/grub/grub.cfg" に変更する。

という処理を行い、WindowsとUbuntuの選択起動を可能にしているわけです。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのデュアルブートインストールのイメージ図
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのデュアルブートインストールのイメージ図

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラは、オペレーティングシステムのインストール時にお任せでこの作業を行ってくれるため、ユーザーはこの難しい仕組みを知らなくとも簡単にデュアルブート環境を手に入れることができます。

一方、インストール済みの Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を削除したい場合に、いきなり Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ で使用しているパーティションを削除してしまうと、 Windowsも起動しなくなってしまうので注意が必要です

理由は下の図を見てもらえればわかるとおり、ブートローダーが受け取るべき起動リスト "/boot/grub/grub.cfg" を保存していたUbuntuのパーティションが消えてしまうためです。

MBRを書き換えずにUbuntu 10.04 LTS デスクトップを削除すると...
MBRを書き換えずにUbuntu 10.04 LTS デスクトップを削除すると...

MBRの修復とパーティションの削除は別々の作業になりますが、もちろん順序は問いません。

従って、インストール済みの Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を削除したい場合には、Ubuntuのパーティションを削除するだけではなく、Windowsの 回復コンソール などを使って、起動リストの参照先が元のWindowsブートマネージャになるように MBR を修復(書き換え)しなければなりません。

MBRを書き換えてUbuntu 10.04 LTS デスクトップを削除する
MBRを書き換えてUbuntu 10.04 LTS デスクトップを削除する

デュアルブート環境の撤去にあたっては最低限これらの仕組みは押さえておくと、失敗しないで済むと思います。

"wubi.exe"によるデュアルブートの仕組みについて

"wubi.exe"によるデュアルブートインストール( 【"wubi.exe"でデュアルブート構築】 を参照) を行う場合、MBRは書き換えられずに、

1.Windowsの起動マネージャの中の起動リストに、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の起動項目を追加してメニュー表示する。

2.Windowsの起動マネージャの後にGRUBによる起動メニューを追加する。

という処理が行われます。

これらの処理はインストーラが完全に自動で行いますので、ユーザーは特に何かの設定操作をする必要はありません。

wubi.exeインストールでのデュアルブート構築の仕組み
"wubi.exe"インストールでのデュアルブート構築の仕組み

"wubi.exe"によるデュアルブートインストールを行うと、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を起動するのに二度もメニューが表示されるのは、上の仕組みによるものです。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のアンインストールをWindowsの「プログラムと機能(プログラムの追加と削除」で行うと、インストール時に書き換えられたWindows起動マネージャもインストール前の状態に書き戻され、GRUBも削除されてしまうため、完全にインストール前の状態に戻ることができるという訳です。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。