Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
Ubuntuって何?   Ubuntuのラインナップ   Ubuntuの入手方法   インストールメディアの作成   インストールするパソコンについて   ネットワーク環境について   クリーンインストールとデュアルブート   "wubi.exe"でデュアルブート構築   仮想プラットフォームでUbuntu  

お試しで利用するなら"wubi.exe"で簡単デュアルブートインストール!

まだWindowsを捨てられないけど、

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ にそっくり入れ替える クリーンインストール はしたくない。

・ いきなり デュアルブートインストール するのはちょっと不安。

仮想プラットフォーム では動作が重そうでイヤ。

という方にお勧めの方法が、 "wubi.exe" によるデュアルブート環境でのインストールです。

"wubi.exe" Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ に収録されているアプリケーションで、他のWindows用アプリケーションと同じ感覚でWindowsに Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールすることができます。

単純に Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を「触ってみる」だけであれば、インストールCDやインストールUSBメモリからパソコンを起動して、テストモードで起動すればOKです( 【テストモードで使用する】 を参照)。

しかしテストモードはハードディスクへのインストールを行わないので、パソコンの再起動が必要なアップデートやデバイスドライバのインストールをシステムに反映させることができません。

"wubi.exe" による Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールは、こういった、「ハードディスクにインストールしてみなければ使えるかどうかわからないハードウェアの動作検証。」を行うのにも適した使用方法といえます。

なおかつ "wubi.exe" によるインストールでは、Windowsのブートローダである NTLDR WBM を書き換え、Windowsと Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のデュアルブート環境を自動的に構築します( 【ブートローダーについて】 を参照)。

またこの場合、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ はWindowsのアプリケーションの一つとしてインストールされる訳ですから、アンインストールはWindowsの 「プログラムと機能(プログラムの追加と削除)」 コントロールパネルから行うことができ、同時にデュアルブート環境も削除されますから本当に手間いらずです。

と、一見非の打ちどころのないインストール方法に思えますが、大きな泣き所があります。それは、インストール先がハードディスク上のパーティションではなく、Windowsのファイルシステム上に作られる ハードディスクイメージファイル であるという点です。その結果として、

・ハードディスクイメージファイルであるため「NTFSで作成されたext4」という形になり入出力が遅く、ハードディスク性能、信頼性が落ちてしまう。

・本来デフラグが必要ではない Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を使用しているのに、Windowsによる定期的なデフラグを行わないと、ただでさえ低いハードディスク性能が更に低下していまう。

・Windowsのファイルシステムエラーや、Windowsが標的の破壊プログラムによっても Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のシステムが破壊される可能性がある。

・いつまでもベースとなるWindowsを使い続けなければならない。

ハードディスクイメージファイルに構築された Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ は、パーティショニングツールと "LVPM" という移行ツールを使えば、直接ハードディスクパーティションに移設することは可能です。

ただしかなり高度な知識とテクニックが必要な作業になりますので、あまりお勧めはできません。

つまりこの "wubi.exe" によるデュアルブートインストールは、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の持つメリットのいくつかを犠牲にすることなり、「お試し」あるいは「たまに使う」のであればまだしも、いずれはWindowsからの乗り換えを考えているのであれば、適した選択ではないといえます。

結論として、 "wubi.exe" によるデュアルブートインストールという手段は、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をとりあえず使ってみて、Windowsへの乗り換えができそうだと判断したら早い段階で直接インストールに切り替えるまでのステップ、という位置づけにしておくのが無難であると思います。

基本的なインストール方法は、通常のWindowsアプリケーションのインストールと変わりませんから、以下に、 "wubi.exe" による Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールとアンインストールについて概略だけ説明します。

"wubi.exe"によるUbuntu 10.04 LTS デスクトップのインストール

1. 【インストールメディアの作成】 を参考に、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールCDを作成します。

2. 作成したインストールCDをCDドライブにセットします。CDドライブのオートランが有効になっていれば、自動的に "wubi.exe" が起動します。起動しないときはCDを開き、 "wubi.exe" をダブルクリックします。

3. Windows内にインストール ボタンをクリックします。

wubiの起動メニュー
"wubi"の起動メニュー

4.パラメータを以下のように設定します。

パラメータの設定
パラメータの設定

ユーザー名の欄には、デフォルトではWindowsのログオンユーザー名が入力されているはずですが、必要ならなら書き換えます。ユーザー名の命名規則やパスワードの付け方については、 【ユーザー名とコンピュータ名の設定】 を参考にしてください。

ここに設定するのは、デスクトップ上の表示名ではなく、システムのユーザーアカウント名ですので間違えないようにしてください。この設定パネルには表示名を入力する欄はありませんが、これはWindowsのログオンユーザー名が勝手に使用されます。気に入らなければインストール後に修正することになります。

パスワードは二つ同じものをタイプします、

設定が終わったら、 インストール をクリックします

5.インストールCDからのファイルの展開が終了すると、再起動を促すダイアログが表示されますので再起動します。パソコンが再起動すると、以下のような「オペレーティング システムの選択」メニューが表示されます。

オペレーティング システムの選択
オペレーティング システムの選択

カーソルキーで Ubuntu をハイライトさせて Enter をタイプしてインストールを続行します。インストールが終了すると自動的に再起動します。

6.もう一度「オペレーティング システムの選択」メニューが表示されますので、カーソルキーで Ubuntu をハイライトさせて Enter をタイプします。

7.「GRUB」のメニューが表示されますので、。カーソルキーで Ubuntu をハイライトさせて Enter をタイプします。

オペレーティング システムの選択
オペレーティング システムの選択

8. Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のログイン画面が表示されますので、 Enter をタイプし、4.で設定したパスワードでログインします。

9. 【インストールの実行と完了】 の、【Ubuntu 10.04 LTS デスクトップへのログイン】を参考に、インストール後の各種操作を行います。

"wubi.exe"でインストールしたUbuntu 10.04 LTS デスクトップのアンインストール

Windowsのコントロールパネル「プログラムと機能(プログラムの追加と削除)」から Ubuntu を選択してアンインストールします。同時にデュアルブート環境も削除されます( 【ブートローダーについて】 を参照)。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。