Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
ディスクとパーティションについて   ディレクトリツリーについて   Ubuntuの「管理者」とは   プログラムアップデートについて   リポジトリについて   Synapticパッケージ・マネージャについて   コマンド・ライン端末について   コマンドリファレンス   設定ファイルリファレンス  

プログラムアップデートについて

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ では、WindowsやMacintoshと同様に、セキュリティの維持や機能向上のためにディストリビューションから不定期にアップデートプログラムが提供されています。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のプログラム管理は、 "apt-get" というアップデートマネージャを利用した 「Synpticパッケージ・マネージャ」 が担います ( 【Synapticパッケージ・マネージャについて】 を参照) 。

パソコンがインターネットに接続されていて、 「Synpticパッケージ・マネージャ」 で管理されているプログラムのアップデートが可能であれば、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ 「アップデート・マネージャ」 が自動的に通知してくれますから、通知があった都度、アップデート操作を行えばOKです。

インストールのタイミングにもよりますが、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストール直後は大量にアップデートプログラムがありますのでアップデートにはそれなりに時間はかかりますが、その後は少量のアップデートを時々行うことになります。

「アップデート・マネージャ」は自動通知のときだけしか開くことができないアプリケーションではなく、上部パネルの「システム」メニューから、「システム管理」→「アップデート・マネージャ」でいつでも開くことができます。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのプログラムアップデート
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのプログラムアップデート

「アップデートマネージャ」 からアップデートの通知があったときは、そのまま アップデートをインストール(I) ボタンをクリックすればOKです。

ちなみに、 再チェック(K) ボタンをクリックすると、現在利用可能なアップデート項目をすぐに検索することも可能です。

また、リストの左側のチェックボックスを操作してアップデートするプログラムを個別に選択することも可能ですが、一般的にはすべてのプログラムをアップデートすることが推奨されます。

具体的なプログラムのアップデートの例については、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールに関するセクション内の、

【プログラムのアップデート】

を参考にしてください。

「アップデートマネージャ」は現在使用してるプログラムの修正アップデートだけではなく、 リボジトリ を追加することで新しいアプリケーションのインストールを支援する機能も持っています。

リポジトリの追加については、

【リポジトリについて】

を参考にしてください。

リポジトリから追加され、アップデート対象となるアプリケーションの管理については、

【Synapticパッケージ・マネージャについて】

を参考にしてください。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。