Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
ディスクとパーティションについて   ディレクトリツリーについて   Ubuntuの「管理者」とは   プログラムアップデートについて   リポジトリについて   Synapticパッケージ・マネージャについて   コマンド・ライン端末について   コマンドリファレンス   設定ファイルリファレンス  

"Synapticパッケージ・マネージャ"とは

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ に限らず、現代のコンピュータ用オペレーティングシステムはいくつかの大きなプログラムの組み合わせではなく、その中核となるカーネルを含めて無数のプログラム群、データ群が集積された形で提供されています。

プログラムの種類は実行プログラムのほか、その補助となるライブラリやデータファイルなど様々ですが、それらがお互いに連携することで、全体としてオペレーティングシステムとして動作するように設計されているわけです。

プログラムのアップデートとは( 【プログラムアップデートについて】 を参照)、要約すれば、それらの個々のプログラムに機能改善や修正が必要になったときに置き換えを行う作業といえます。

Windowsの場合には、それらの個々のプログラムやデータはマイクロソフト社が管理して提供する関係で、具体的な提供内容は非公開となっていますから、ユーザーはマイクロソフト社が推奨するまま導入を行い、アップデートをしていくという運用形態になります。

一方の Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ はオープンソースプログラムで構成されたオペレーティングシステムですから、導入されたプログラム群、データ群もすべて公開された状態でパソコン上で管理されます。

"Synapticパッケージ・マネージャ" はオープンソースのオペレーティングシステムで広く利用されているパッケージ管理システムで、多くのリポジトリ( 【リポジトリについて】 を参照)から提供されるプログラムパッケージを、パッケージ間の依存関係を調整しながら管理するシステムです。

"Synapticパッケージ・マネージャ"を開くには、上部パネルの「システム」メニューから、「システム管理」→「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開きます。

「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開く
「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開く

「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開くには認証が必要となりますから、認証のダイアログが表示されたら、 【ユーザー名とコンピュータ名の設定】 で設定したパスワードを入力して OK(O) ボタンをクリックします。

「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開くときの認証
「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開く
「Synaptic パッケージ・マネージャ」を開く

上のとおり、標準で Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールしたときに導入されるプログラム群、データ群は、管理単位で千数百に上ります。

実際にこの「Synaptic パッケージ・マネージャ」を色々のぞいてみるとわかりますが、一般的なパソコンユーザーにはほとんど理解できない内容のパッケージばかりです。

また先に説明したとおり、パッケージはお互いに連携しているものが多く、不用意に削除などの操作を行うと必要なアプリケーションが動かなくなったりすることがありますから注意が必要です。

ですから、パッケージの意味や役割がはっきりわからないうちは、思い込みで適当にいじらないことが肝心です。

従ってこの "Synapticパッケージ・マネージャ" は当面、例えば新しいアプリケーションやプログラムをインストールしたり、インストール済みのものを削除したりする場合で、ディストリビューターからの特別な指示があったときに限り、指示を信じて正確に作業を行う、という扱いになると思います。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。