Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
インストール前の準備   ドライブの起動順序の設定   テストモードで使用する   インストールの開始   タイムゾーンの選択   キーボードの選択   ディスクの設定(クリーンインストール)   ディスクの設定(デュアルブート)   ユーザー名とコンピュータ名の設定   Windowsファイルと環境のインポート   インストールの実行と完了   固定IPアドレスの設定   PPPoEによるインターネット接続   言語コンポーネントのインストール   デバイスドライバのインストール   プログラムのアップデート  

Windowsの個人設定とファイルの一部をUbuntu 10.04 LTS デスクトップにコピーします

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールするパソコンにWindowsシステムを残す場合(デュアルブート環境を構築する場合)にのみ提示されるインストールステップです。

既存のWindowsに設定されているユーザーアカウントの、

・ マイドキュメント(WindowsVista,7ではユーザーのフォルダ)に保存されているデータの一部。

・ インターネットエクスプローラーの「お気に入り」およびFirefoxの「ブックマーク」。

・ デスクトップの背景。

の内容を、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のホームフォルダおよび該当フォルダにコピーします。

既存のWindowsに有効なアカウントがあると、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ は自動的に上記フォルダを検出し、リストアップします。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ドキュメントと設定のインポート」画面
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ドキュメントと設定のインポート」画面

上の"+"マークをクリックすると、個別にチェックできるようになりますので、以下のようにコピーしたいフォルダをチェックします。Windowsに Firefox がインストールされている場合は以下のリストに追加されているはずです。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ドキュメントと設定のインポート」画面
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ドキュメントと設定のインポート」画面

このステップでコピーされるのは、ご覧の通りユーザーデータのほんの一部で、デスクトップに置いているデータを始め、上のリストにない場所に保存しているデータはコピーすることはできません。メーラーのデータも同様です。

つまりインストーラのこの機能は、Windowsユーザーの Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ への乗り換えのきっかけを提供するためだけのもので、インストールのステップとしては重視する必要は特にありません。

デュアルブート環境を構築すると、既存のWindowsパーティションは Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ にリストアップされていつでもアクセス可能になりますから、ユーザーデータのコピーは後から自由に行うことが可能、というのが、このステップでの設定が必須ではない理由です。

設定が終わったら、 進む(F) ボタンをクリックして次の 【インストールの実行と完了】 へ進んでください。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。