Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
インストール前の準備   ドライブの起動順序の設定   テストモードで使用する   インストールの開始   タイムゾーンの選択   キーボードの選択   ディスクの設定(クリーンインストール)   ディスクの設定(デュアルブート)   ユーザー名とコンピュータ名の設定   Windowsファイルと環境のインポート   インストールの実行と完了   固定IPアドレスの設定   PPPoEによるインターネット接続   言語コンポーネントのインストール   デバイスドライバのインストール   プログラムのアップデート  

インストール実行の前の最後の確認です

これが Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラから提供される最後のインストールステップになります。

インストールが終了すれば 一応は Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を使えるようになります。

しかし Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を快適に使用するには、この後インターネットへ接続して デバイスドライバ をインストールし、Ubuntuの リポジトリ ( 【リポジトリについて】 を参照) から プログラムのアップデート を行う必要があります。

パソコンがインターネットに接続されていない環境の場合、 【ネットワーク環境について】 の後半を参考に自宅のネットワーク環境を確認し、このステップの終了後に、

【固定IPアドレスの設定】 :Cの方法で接続する場合

または、

【PPPoEによるインターネット接続】 :Dの方法で接続する場合

を参考にインターネットへの接続を行い、先のステップへ進んでください。

以下に、このステップの設定画面を示します。

ここには、実際にこれから行われるインストール作業の内容がごく簡単に説明されていますので一通り内容を確認し、間違いがあれば 戻る(B) ボタンで一つずつ前のステップに戻り、設定を修正してください。

「インストール準備完了」の設定ステップ
「インストール準備完了」の設定ステップ

また、このステップでは 拡張 ボタンをクリックすると、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が起動するのに必要な、ブートローダ GRUB が起動情報を書き込む物理ディスクを確認できます( 【ブートローダーについて】 を参照)。

ブートローダーのインストール先の確認
ブートローダーのインストール先の確認

通常 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラは、オペレーティングシステムのインストール先のパーティションの位置に関係なく、パソコンのハードウェア管理上の一番最初のポートに接続されているハードディスク "/dev/sda" へブートローダーをインストールするよう振る舞います。

通常の環境であればこの設定を変更する必要はありません。

稀なケースと思いますが、もしもお使いのパソコンで、起動ハードディスクを二番目以降のハードディスクに指定している場合は、 【ディスクとパーティションについて】 を参考にこの設定を修正してください。

設定を確認したら、 インストール ボタンをクリックしてインストールを実行します。

インストールの実行
インストールの実行

インストールが開始されると、以下のような画面になります。 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ の案内などがスライドショーで表示されますので、適当に眺めておきましょう。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのインストール実行中の画面
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのインストール実行中の画面

お使いのパソコンの性能にもよりますが、十数分から一時間程度でインストールは終了します。

インストールが終了すると、以下のように再起動を促すダイアログが表示されますので、 今すぐ再起動する ボタンをクリックします。

インストール完了のダイアログ
インストール完了のダイアログ

この段階ではまだグラフィックドライバがインストールされていませんので、グラフィックドライバをインストールするまでは起動や終了画面の画面表示がおかしいことがあります。

インストールCDからインストーラを起動しているときは、通常ここでインストールCDがイジェクトされ、パソコンが再起動します。

CDがイジェクトされないときは、CDの取り出しボタンを押してCDを取り出してください(英語のメッセージで取り出しを促されることがあります)。

インストールUSBメモリから起動しているときも、このタイミングでパソコンから抜いておきます。

ここでしばらく待ってもパソコンが再起動しないときは、普通は何かキーをタイプすると再起動が開始します。

デュアルブートインストール( 【ディスクの設定(デュアルブート)】 を参照)で Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールしたときは、再起動後に以下の起動選択画面が表示されます。

GRUBの起動選択画面
GRUBの起動選択画面

Windowsのパーティションの縮小と伴うデュアルブートインストールを実施した場合( 【ディスクの設定(デュアルブート)】 を参照) 、Windows起動時に chkdsk によるハードディスクのチェックが行われることがありますが、これはWindowsとは別のシステムによりパーティションが操作されためで、異常動作ではありませんのでご安心ください。

そのまま10秒待つと Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が起動しますが、カーソルキーで Windows を選択して Enter キーをタイプし、Windowsが起動することを念のため後で確認してください。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をクリーンインストール( 【ディスクの設定(クリーンインストール)】 を参照)したときは、この起動選択画面は表示されません。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップへのログイン

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が起動すると、以下のようにログイン画面が表示されます。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのログイン画面
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのログイン画面

ここでユーザー名をクリックするか Enter キーをタイプするとパスワードの入力を求められますから、 【ユーザー名とコンピュータ名の設定】 で設定したパスワードをタイプして Enter をタイプすると、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のデスクトップが表示されます。

この段階で 一応は Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を使えるようになります。

しかし Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を快適に使用するには、この後インターネットへ接続して デバイスドライバ をインストールし、Ubuntuの リポジトリ ( 【リポジトリについて】 を参照) から プログラムのアップデート を行う必要があります。

パソコンがインターネットに接続されていない環境の場合、 【ネットワーク環境について】 の後半を参考に自宅のネットワーク環境を確認し、このステップの終了後に、

【固定IPアドレスの設定】 :Cの方法で接続する場合

または、

【PPPoEによるインターネット接続】 :Dの方法で接続する場合

を参考にインターネットへの接続を行い、先のステップへ進んでください。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が既にインターネットに接続している場合は、 【デバイスドライバのインストール】 へと進んでください。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。