Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
インストール前の準備   ドライブの起動順序の設定   テストモードで使用する   インストールの開始   タイムゾーンの選択   キーボードの選択   ディスクの設定(クリーンインストール)   ディスクの設定(デュアルブート)   ユーザー名とコンピュータ名の設定   Windowsファイルと環境のインポート   インストールの実行と完了   固定IPアドレスの設定   PPPoEによるインターネット接続   言語コンポーネントのインストール   デバイスドライバのインストール   プログラムのアップデート  

Windows用日本語キーボードをお使いであればそのまま「進む(F)」でOK

意外に知られていないのですが、数あるパソコン用の周辺機器の中で最も規格の種類が多いのが キーボード です。

キーボードは文字入力のための最も重要なデバイスであり、必然的にユーザーが使用する言語に合わせて設計しなければならないことが、種類が多くなってしまう最大の要因といえるでしょう。

日本語キーボードの場合、ベースとなる規格は日本工業規格(JIS)が定めていますが、現在のインテルアーキテクチャのパソコンは実質的にWindows用であるという現状を踏まえ、Windowsの仕様変更や機能追加に合わせてキーが追加されたり、レイアウトが変更されたりします。

それが結果として、同じ日本語キーボードでもいくつかの種類が混在してしまう要因となっています。

現在の日本語Windowsパソコン用のキーボードは、 「日本語109キーボード」 と呼ばれるものが大半を占めますが、これが日本工業規格より公示されたのは2002年と比較的最近であり、現在ではそれ以前の主流であった 「日本語106キーボード」 と混在しているというのが現状です。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ はWindowsではありませんから当然Windowsキーはあっても無効になり、メニューキーはデフォルトでマウスの右クリックと同じ動作をするだけ、というわけで実用上、日本語109と日本語106に違いはない、ということです。

とはいえ、 「日本語109キーボード」 は、 「日本語106キーボード」 をベースにしてキーボードの一番手前に 「Windowsキー(Windowsのロゴが入っているキー)」 「メニューキー(プルダウンメニューのイラストが入っているキー)」 を追加されたもので、その他のキーレイアウトに顕著な変更はありません。

つまり日本語109と日本語106の選択を誤っても、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を利用する上では特に差異は生じません。

従って、キートップに「かな表記」のあるキーボードをお使いであれば、この設定ステップにデフォルトで提示される、

「キーボードレイアウト」の設定ステップ
「キーボードレイアウト」の設定ステップ

のまま 進む(F) をクリックして先へ進んでください。

日本語以外のキーボードをお使いの方は、以下のように 「自分で選択する」(1) をチェックし、左側のリストから国名または言語を選択して、右側のリストからキーボードの規格を選択してください。

キーボードレイアウトを変更する
キーボードレイアウトを変更する

一般には shift + 数字キー などが、キーボード規格の違いでレイアウトが異なりますから、こういうキーでテストするのがベターです。

選択したキーボード規格が、お使いのパソコンのキーボードと一致しているかどうかは、 「この入力欄を使って、選択したキーボードレイアウトのテストをすることができます。」(2) の入力欄にカーソルを移動し、そのキーボード特有のものと推定されるキーをタイプしてみて、キートップの表記と同じキャラクターが入力されるかどうかで確認してください。

また選択肢の中に、 「キーマップを推測」 という項目がありますが、これはインストーラからの質問に答える形でキーをタイプしていき、キーレイアウトを推測する機能です。

お使いのキーボードの種類が全く分からないときに役に立つ(かもしれない)機能ですが、まず利用することはないと思われますので説明は省略します。

さて、ここで 進む(F) をクリックすると、 「ディスクの準備」 へと進みますが、その前に、 【クリーンインストールとデュアルブート】 をお読みのうえ、インストールのスタイルについて、

・ オペレーティングシステムがインストールされていないパソコンに Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールする場合、またはインストールされているWindowsを削除して Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ に入れ替える、という場合は 【ディスクの設定(クリーンインストール)】 へ。

・ 現在インストールされているWindowsを残し、デュアルブート環境で Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールする場合は 【ディスクの設定(デュアルブート)】 へ。

と、それぞれ進んでください。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。