Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
インストール前の準備   ドライブの起動順序の設定   テストモードで使用する   インストールの開始   タイムゾーンの選択   キーボードの選択   ディスクの設定(クリーンインストール)   ディスクの設定(デュアルブート)   ユーザー名とコンピュータ名の設定   Windowsファイルと環境のインポート   インストールの実行と完了   固定IPアドレスの設定   PPPoEによるインターネット接続   言語コンポーネントのインストール   デバイスドライバのインストール   プログラムのアップデート  

できるだけインストーラに「お任せ」で設定しましょう

パソコンに接続されているハードディスクなどのドライブに、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ で使用するための領域を確保してフォーマットを行うための設定を行うステップです。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ では、

・ システムを配置し、データを保存するための領域として一つ。

・ スワップ領域として一つ。

の二つの領域を必要とします。

スワップ領域 とは、Windowsでいう 仮想メモリ として使用する ページファイル と機能としては同じもので、ハードディスク上に疑似的なメモリ空間を作り、メインメモリが不足してきたときにメインメモリ上のデータを退避して、メモリ不足による不具合を防止するためのものです。

Windowsではこの仮想メモリは、ファイルシステム上にページファイル(ファイル名"pagefile.sys")として作成されますが、Ubuntuのスワップ領域は、その名前の通り、ファイルシステム上とは別の専用領域に専用フォーマットで作成しなければなりません。

もちろん手作業で領域を確保し、フォーマットしても構わないのですが、不慣れなユーザーが手探りで行うよりも、ここは Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラに設定を任せてしまうほうがベターです。

既存のWindows領域を縮小してUbuntu 10.04 LTS デスクトップをインストールする

以下に、ハードディスクの全部をWindowsXPで使用しているパソコンに対して、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をデュアルブートでインストールときの設定例を示します。

他の種類のWinodws(2000,Vista,7)がインストールされているパソコンでも作業は同じです。

WindowsXPのパーティションを縮小するの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
WindowsXPのパーティションを縮小するの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ

上段のバーグラフは現在のパーティションの状態、下段のバーグラフはインストール後のパーティションの状態をそれぞれ示しますので、これらを確認しながら設定を行います。

まず、 「それぞれ別のものとしてインストールし、起動時にどれを起動するか選択」 を選択します。

そして下段のバーグラフの矢印で示す部分をマウスでドラッグして、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールに使用するハードディスク容量を調整します。最低8GB、できれば10GB以上は確保しておくようにします。

調整が終わったら 進む(F) ボタンをクリックします。すると以下のようなダイアログが表示されます。

既存パーティションを縮小するの場合のダイアログ
既存パーティションを縮小するの場合のダイアログ

ここで 続ける をクリックすると、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラは ただちにターゲットのパーティションの縮小処理と新しい領域の確保を開始します

従って、このステップを実施してしまうと、後に Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールを中止しても、インストール前のパーティションサイズには戻らず、別の方法( 【インストール前の準備】 の「パーティショニングツールの準備」を参照) を使って元に戻さなければならない点に注意してください。

ハードディスクの空き領域にUbuntu 10.04 LTS デスクトップをインストールする

事前にパーティショニングツール( 【インストール前の準備】 の「パーティショニングツールの準備」を参照)などでハードディスク上に空き領域を作っておいた場合、「ディスクの準備」のステップは以下のようになります。

空き領域にインストールするの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
空き領域にインストールするの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ

上段のバーグラフは現在のパーティションの状態(右のグレーの部分が空き領域です)、下段のバーグラフはインストール後のパーティションの状態をそれぞれ示しますので、これらを確認しながら設定を行います。

ここで、 「連続する最大の空き領域を使用する」 を選択すると、下段のバーグラフが上の図のように代わり、空き領域へのインストールが行われることになります。

左記の制約は Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のシステム上の縛りではなく、「簡単インストール」を提供するためにインストーラが設けたルールです。

ちなみに手動で設定を行えば、ここはどうにでもなる部分です。

ただしこの場合、 連続した空き領域一つだけを全部使用 という形しかとれませんから、複数の空き領域にまたがったり、空き領域の一部だけを使ったり、ということはできません。

またこの方法によれば、新しい領域を確保するのに既存のパーティションの縮小は行われませんから、パーティションの縮小を警告するダイアログは表示されません。

選択が終わったら 進む(F) ボタンをクリックします。

追加した別のハードディスクにUbuntu 10.04 LTS デスクトップをインストールする

事前に別の物理ハードディスクをパソコンに追加しておき、これに Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールするケースです。

インストーラはまず、既にWindowsがインストールされているパーティションへの追加インストールを促す表示になりますが、以下のように、 「ディスク全体を削除してから使用する」 を選択すると (1) 、プルダウンメニューからインストール先のハードディスクを選択できるようになりますから、追加したハードディスクのデバイスファイル名 "/dev/sdb" を選択します (2)

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのインストール先ハードディスクの切り替え
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップのインストール先ハードディスクの切り替え

すると、インストール対象のハードディスクが切り替わった表示になります。

	Ubuntu 10.04 LTS デスクトップを別のハードディスクにインストールする
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップを別のハードディスクにインストールする

インストール先のハードディスクが正しいことを確認して、 進む(F) ボタンをクリックします。

デュアルブートインストールの設定について

上記を例にデュアルブートインストールの設定を行うと、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ は後のステップで、既存のWindowsユーザーアカウントのデータや設定の一部を Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ にインポートするよう設定することができます( 【Windowsファイルと環境のインポート】 を参照)。

また、デュアルブート環境を構築する場合、パソコンの起動オペレーティングシステムを制御する ブートローダー の書き換えが行われます。インストールの段階でここに具体的な設定を行うことは稀ですが、アンインストール作業では重要になってくる内容です。詳細は、 【ブートローダーについて】 で解説していますので、いずれご一読することをお勧めします。

進む(F) をクリックしたら、 【ユーザー名とコンピュータ名の設定】 へと進みます。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。