Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
インストール前の準備   ドライブの起動順序の設定   テストモードで使用する   インストールの開始   タイムゾーンの選択   キーボードの選択   ディスクの設定(クリーンインストール)   ディスクの設定(デュアルブート)   ユーザー名とコンピュータ名の設定   Windowsファイルと環境のインポート   インストールの実行と完了   固定IPアドレスの設定   PPPoEによるインターネット接続   言語コンポーネントのインストール   デバイスドライバのインストール   プログラムのアップデート  

できるだけインストーラに「お任せ」で設定しましょう

パソコンに接続されているハードディスクなどのドライブに、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ で使用するための領域を確保してフォーマットを行うための設定を行うステップです。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ では、

・ システムを配置し、データを保存するための領域として一つ。

・ スワップ領域として一つ。

の二つの領域を必要とします。

スワップ領域 とは、Windowsでいう 仮想メモリ として使用する ページファイル と機能としては同じもので、ハードディスク上に疑似的なメモリ空間を作り、メインメモリが不足してきたときにメインメモリ上のデータを退避して、メモリ不足による不具合を防止するためのものです。

Windowsではこの仮想メモリは、ファイルシステム上にページファイル(ファイル名"pagefile.sys")として作成されますが、Ubuntuのスワップ領域は、その名前の通り、ファイルシステム上とは別の専用領域に専用フォーマットで作成しなければなりません。

もちろん手作業で領域を確保し、フォーマットしても構わないのですが、不慣れなユーザーが手探りで行うよりも、ここは Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラに設定を任せてしまうほうがベターです。

既存の領域を削除してパソコンにUbuntu 10.04 LTS デスクトップをインストールする

以下に、

1.パソコンのハードディスクを新品に入れ替えてインストールを行っている場合

2.過去にデータディスクなどで使っていたハードディスクに入れ替えてインストールを行っている場合

3.WindowsXPで使用していたパソコンに対してインストールを行っている場合

のそれぞれについて、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ ディスクの準備 の画面を示します。

1.インストール先が新品のハードディスクの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
1.インストール先が新品のハードディスクの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
2.インストール先が転用データディスクの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
2.インストール先が転用データディスクの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
3.インストール先がシステムディスクの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ
3.インストール先がシステムディスクの場合の「ディスクの準備」の設定ステップ

このように、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ は既存のハードディスクの情報を読み取って、ユーザーにこれをどのように処理するかを問いかけてきます。

既存のデータを削除して Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールする場合、上の例で示す通りいずれも、 「ディスク全体を削除してから使用する」 を選択すればOKです。

パソコンに既存のシステム(この場合はWindowsXP)を残して デュアルブートインストール を行う場合は、このページではなく 【ディスクの設定(デュアルブート)】 をご覧ください。

次に 進む(F) をクリックして、 【ユーザー名とコンピュータ名の設定】 へ進みます。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。