Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
インストール前の準備   ドライブの起動順序の設定   テストモードで使用する   インストールの開始   タイムゾーンの選択   キーボードの選択   ディスクの設定(クリーンインストール)   ディスクの設定(デュアルブート)   ユーザー名とコンピュータ名の設定   Windowsファイルと環境のインポート   インストールの実行と完了   固定IPアドレスの設定   PPPoEによるインターネット接続   言語コンポーネントのインストール   デバイスドライバのインストール   プログラムのアップデート  

インストールの開始

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を直接パソコンにインストールする場合は、インストールメディアからパソコンを起動するところからスタートし、この「インストール」セクションを順に作業を進めていきます。

一方、 "wubi.exe" を使って、アプリケーションとして Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ をインストールする方法については、まず、

【"wubi.exe"でデュアルブート構築】

を参考にインストールを開始し、引き続きこの「インストール」セクションの、

【インストールの実行と完了】

「Ubuntu 10.04 LTS デスクトップへのログイン」 より参照してください。

とりあえずCDドライブから起動してみる

CD/DVDドライブを装備しているパソコンのほとんどは、 起動可能なCD/DVD がドライブにセットされていると、内蔵のハードディスクよりも優先してCD/DVDドライブから起動するようになっているはずです。

とりあえず 【インストールメディアの作成】 で作成した Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールCDをパソコンのCDドライブにセットして、パソコンを起動してみましょう。

ここで「起動システムが見つからない」という意味のメッセージが表示されたり、もともとインストールしてあったWindowsが起動してしまったりする場合は、パソコンの起動ドライブの指定が必要になりますので、後述の【ドライブを指定して起動するには】または【ドライブの起動順序の変更を設定する】を参考にしてください。

パソコンによっては起動中に画面が変な色になったり、おかしな場所に文字やロゴが表示されたりすることがありますが、これはまだ Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ がお使いのパソコンのグラフィック環境に対応するデバイスドライバを読み込んでいないためですから、特に気にする必要はありません。

インストーラが起動すると、以下のような「ようこそ」画面が表示されます。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ようこそ」画面
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ようこそ」画面

また、パソコンの起動後すぐに何かのキーをタイプすると、以下のようなエキスパート向けの機能選択メニューが起動します。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの機能選択メニュー
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの機能選択メニュー

当サイトは、このエキスパート向けのメニューを経由しない「簡単インストール」についての解説となりますのでご了承ください。

後者のメニューからインストール作業を実施すると、ハードウェアのテストやインストールに必要な各種設定などを実施することができるようになりますが、特殊なパソコンを使用したり、インストール時に特殊な設定をしない限りはこのメニューからのインストールは行う必要はありません。

ドライブを指定して起動するには

1.最近は搭載されるケースがないので普通は無視されます。

3.普通は一番目のポートに接続されている内蔵ハードディスクが指定されますが、複数のハードディスクが内蔵されている機種ではディスクごとに順序を設定できる場合もあります。

4.特定のUSBポートのみ起動可能な機種がありますのでマニュアルなどを参考にしてください。また一般に、拡張カードなどで増設したUSBポートはパソコンの起動には対応していません。

※.実装されていないドライブは、設定が有効でも起動ドライブとしてはスキップされるのが普通です。

通常パソコンは電源が投入されると概ね、

1.フロッピーディスクドライブ

2.CD/DVDドライブ

3.内蔵ハードディスクドライブ

4.USB(外付け)ドライブ

5.ネットワークから

の順序でドライブを調べ、起動可能なものが見つかればそこから起動する、という初期設定になっているはずです。

前述の方法でインストーラが起動しない場合、この順序のうち 2. 3. が逆になっていることが考えられます。

こういう場合は後述の【ドライブの起動順序の変更を設定する】の方法でパソコン本体(マザーボード)の BIOS設定メニュー を呼び出して、起動ドライブの認識順序(Boot Sequence)を変更しなければならないのが普通ですが、お使いのパソコンによっては一時的に優先して起動するドライブを指定できるものがあります。

左の F9 キーは一例で、機種によって異なります。また、具体的なメッセージの内容も機種により若干異なります。

また、画面のメッセージが消えるのが早すぎてメッセージが読めないときは、キーボード右上の PAUSE キー(小文字で書かれていることもあります)をタイプすると、メッセージを表示したまま起動処理を一時停止することができます。

方法ですが、これが可能なパソコンの場合、電源を入れて一番最初に表示される画面のメッセージの、通常は下の端に、

"<F9> to Change Boot Order"

のように表示されますから、この場合はキーボードの F9 をタイプすると、起動可能なドライブの一覧が表示されますから、 CD/DVD を示す項目を番号やカーソルキーで選択して起動します。

ドライブの起動順序の変更を設定する

上記【ドライブを指定して起動するには】と同様に、電源を入れて一番最初に表示される画面のメッセージに、

左の F10 キーは一例で、機種によって異なります。また、具体的なメッセージの内容も機種により若干異なります。

また、画面のメッセージが消えるのが早すぎてメッセージが読めないときは、キーボード右上の PAUSE キー(小文字で書かれていることもあります)をタイプすると、メッセージを表示したまま起動処理を一時停止することができます。

"<F10> to BIOS Setup Options"

あるいは、

"<F10> to POST Screen"

のように表示されますから、この場合はキーボードの F10 をタイプすると、パソコンの基本動作を設定する BIOS の設定画面が表示されます。

設定画面は機種により異なりますが、以下に一例を示します。

BIOS設定画面の例(VMware Player)
BIOS設定画面の例(VMware Player)

ここでカーソルキーでパネルを Boot に移動し、画面右のキー操作方法に従って ハードディスクよりCD/DVDドライブが上位に来るように 設定を変更します。

ドライブの起動順序の変更例(VMware Player)
ドライブの起動順序の変更例(VMware Player)

最後に、カーソルキーでパネルを Exit に移動し、 Exit Saving Changes を選択して設定を保存し、BIOS設定画面を抜ければ終了です。

BIOS設定の保存操作の例(VMware Player)
BIOS設定の保存操作の例(VMware Player)

するとパソコンが再起動し、インストールCDから Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラが起動します。

なお、一部のメーカー製パソコンの場合、このBIOS設定画面を呼び出さずにWindowsのコントロールパネルから起動ドライブの順序を変更できる場合がありますので、お手持ちのマニュアルなどをご覧ください。

USBメモリからインストーラを起動する

USBメモリから起動可能なパソコンの場合、 【インストールメディアの作成】 で作成した Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストール用USBメモリを使ってインストールを行うことができます。

USBデバイスからの起動についてはCD/DVDドライブや内蔵ハードディスクより優先度が低くなっているパソコンが多く、またBIOSの設定で「USBからの起動を有効にする」という設定が必要な機種もありますので、上記、 【ドライブの起動順序の変更を設定する】 を参考に、

USB Hard Drive

などの表記のあるドライブからの起動が内蔵ハードディスクより優先になるように設定を変更する必要があります。

また、USBメモリから起動可能なパソコンの多くはBIOSの設定を変更しなくても、上記、 【ドライブを指定して起動するには】 の方法でドライブの起動順序を変更できる場合が多いので、こちらの方法をとることもできます。

通常パソコンは複数のUSBコネクタを実装していますが、起動に使用できるコネクタが決まっている機種もありますから、お手元のマニュアル等を参考にしてください。

Unetbootin の起動メニューの内容は、

Defult

Help

Try Ubuntu without installing

Install Ubuntu

Check disc for defects

Test Memory

Boot from first hard disk

起動ドライブの設定が終わったら、 【インストールメディアの作成】 で、 UNetbootin を利用して作成したインストール用USBメモリをパソコンに差し込み、起動します。

すると、右のコラムにある項目がリストされた UNetbootin の起動メニューが表示されます。

この一覧からカーソルキーで

Install Ubuntu

を選択して Enter キーをタイプすると、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラが起動します。

ただし初期状態では以下のように言語選択が自動では行われず、デフォルトの英語表記となります。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「Welcome」画面(USBメモリから起動)
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「Welcome」画面(USBメモリから起動)

このまま Forward をクリックするとデフォルト言語である英語版でのインストールが開始されてしまいますので、左のリストの一番下にある 「日本語」 を選択します。すると以下のように日本語の「ようこそ」画面となります。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ようこそ」画面(USBメモリから起動)
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップの「ようこそ」画面(USBメモリから起動)

インストールCD/DVDから起動した「ようこそ」画面と少し異なりますが、特に問題はありません。

なお、この「ようこそ」画面には 終了 ボタンがありますが、これをクリックするとテストモードで Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ が起動します。テストモードについては後述の、 【テストモードで使用する】 をご覧ください。

インストールの続行と中断について

ここからすぐに Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストールを行うときは、後述する 【インストールの開始】 へ進んでください。

インストールを行う前に、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のお試し利用をしてみたい方は、 【テストモードで使用する】 へと進んでください。テストモードから直接インストール作業へ移ることも可能ですから、できれは実際にインストールを行う前に一度テストモードでの試用をお勧めします。

また、ここまでの作業では、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストーラはパソコンに何ら改変を加えていませんから、作業を中断すればパソコンは作業前の状態で継続使用することができます。

ここでインストール作業を中断するには 一度テストモードに移行し 、シャットダウン操作を行ってください。操作方法は 【テストモードで使用する】 を参考にしてください。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
管理人の趣味のサイト「モノを使い倒す」 も是非ご覧ください
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。