Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版のススメ
Ubuntuソフトウェアセンター   Firefox4でインターネット   Firefox Syncでブラウズ環境を共有する   Thunderbirdで電子メール   WindowsでThunderbird  

Webブラウズ環境を共有する"Firefox Sync"とは

一人で複数台のパソコンを使い分けるとき困ることのひとつが、Webブラウザの使用環境の共用です。

例えばブックマーク(インターネットエクスプローラーでは「お気に入り」)、閲覧履歴、オートコンプリートなどは、それぞれのパソコンのWebブラウザに個別に保存されるため、別のパソコンではそれを呼び出すことはできませんから、例えばデスクトップパソコンで登録したブックマークをノートパソコンででも参照したいときは、予めブックマークを転送しておかなければなりません。

これを解消するには、例えばブックマークや検索履歴であればGoogleやYahooなどのツールバーやソーシャルブックマークサービスを利用するという方法がありますが、操作性や快適さという面ではWebブラウザ独自の機能を使う場合に比べれば明らかに劣ります。

これは、実際には一台のパソコンしか使用しませんが、選択起動して別のオペレーティングシステムを使い分ける、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ とWindowsのデュアルブート環境( 【クリーンインストールとデュアルブート】 を参照) でも同様に起こる問題です。

Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のインストール時の 【Windowsファイルと環境のインポート】 のステップでWindows上のWebブラウザからUbuntuに移行できる情報は一時的なものに過ぎませんから、その後の並行期間にWindowsとUbuntuでどうやってWebブラウザの情報を共有するかは確かに頭の痛い問題です。

Webブラウザ Firefox が提供している Firefox Sync は、インターネット上のサーバーにWebブラウザの情報を預けておき、これを複数のパソコン上の Firefox で共有することでこの問題を解消する仕組みです。パソコンだけではなく、 iPhone Android携帯端末 などからも情報を共有できるのも Firefox Sync の強みです。

Firefox SyncによるWebブラウザ情報共有のイメージ
"Firefox Sync"によるWebブラウザ情報共有のイメージ

この仕組みを上手に使えば、Windowsから Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ へのブラウザ環境の移行をスマートに、かつ一時的なものでなく継続して行うことができます。

WindowsでインターネットエクスプローラーからFirefoxに乗り換える

現在インターネットエクスプローラーをメインのWebブラウザとしてご利用の方が、 Firefox Sync を利用してWebブラウザ情報を共有できるようにするには、まずはWindows上で使っているメインのWebブラウザを、インターネットエクスプローラーから Firefox4 に乗り換え、その後に Firefox Sync で同期を行う必要があります。

インターネットエクスプローラーからFirefox4/Ubuntuへの乗り換え手順
インターネットエクスプローラーからFirefox4/Ubuntuへの乗り換え手順

以下にその手順の概要を説明します。

WindowsへのFirefox4のインストールとインターネットエクスプローラーからの設定移行

Firefox4 のインストール方法は、

http://mozilla.jp/firefox/

からプログラムをWindows上にダウンロードして実行するだけですが、インストール後に Firefox4 を起動すると、以下のように 「設定移行ウィザード」 が起動しますので、ここでインターネットエクスプローラーの各種設定のインポートを行います。

Firefoxの設定移行ウィザード
Firefoxの設定移行ウィザード
Firefoxの設定移行ウィザード
Firefoxの設定移行ウィザード

既に Firefox4 を使用中の場合は、FireFox4の「ファイル(F)」メニューから 「設定とデータのインポート(I)」 を開いて同様のインポート処理を行うことができます。

設定とデータのインポート
設定とデータのインポート
設定とデータのインポート

インポート作業が終わったら Firefox4 を実際に使ってみて動作確認を行い、問題がなければ Firefox Sync の利用を開始します。

"Firefox Sync"への登録

Firefox4 の「ツール(T)」メニューから 「Syncをセットアップ(Y)」 を開きます。同じ設定は「オプション(O)」から "Sync" アイコンを選んでも行うことができます。

アカウントが設定されていないときは、以下のようなダイアログが表示されますので、 新しいアカウントを作成 ボタンをクリックします。

Firefox Syncを開く
Firefox Syncのセットアップ
Firefox Syncのセットアップ

すると 「アカウントの詳細」 ダイアログになりますので以下のように設定します。

Firefox Syncアカウントの設定ダイアログ
Firefox Syncアカウントの設定ダイアログ

メールアドレス(E)

登録するメールアドレスをタイプします。一度登録したメールアドレスは Firefox Sync の使用をいったん終了しても再登録はできないので注意してください。

パスワード(P)

アカウント登録後に設定とデータの内容をリセットするとき、また後述のワンタイムパスワードを使用できない場合に必要となります。再発行はしてくれないようですので、忘れないようにしてください。同じパスワードを パスワードを再度入力(M) にもタイプします。

サーバ

Firefox Sync は、Firefoxが準備するサーバー以外に、個人的に構築した Firefox Syncサーバー を利用することができます。暗号化されているとはいえ、サーバーでは個人情報を取り扱うためにこういう方法も準備してあるわけです。ここはデフォルトの Firefox Sync サーバ でOKです。

あとは利用規約への同意にチェックを入れて 次へ(N) ボタンをクリックすれば先へ進めますが、念のため 同期オプション ボタンをクリックして詳細設定を確認しておきます。

Firefox Sync「同期オプション」の確認
Firefox Sync「同期オプション」の確認

デバイス名(C)

設定とデータを共用するパソコンの識別名です。デフォルトでは、登録しようとしているオペレーティングシステムの正式バージョンとユーザーアカウント名から作られた名前が入力されていますが、自分で適当に書き換えて構いません。

同期するデータ

共用する設定とデータの項目を選択します。通常はすべてにチェックを入れておきます(デフォルト)。

設定内容を確認したら 完了 ボタンをクリックして 「アカウントの詳細」 ダイアログに戻り、 次へ(N) ボタンをクリックします。

すると、 Sync キー の確認ダイアログになります。

Firefox Sync「Sync キー」の確認
Firefox Sync「Sync キー」の確認

このキー(文字列)は、暗号化してサーバーにアップロードした設定とデータを復号化するために必要なものですから、印刷あるいはデータとして保存し、 絶対になくさないようにしてください

Sync キー の保管が済んだら 次へ(N) ボタンをクリックします。するとおなじみの CAPTCHA による認証の画面になりますの、歪んだ絵で表示されている文字を正確にタイプして 次へ(N) ボタンをクリックします。

Firefox Sync「CAPTCHA」ダイアログ
Firefox Sync登録完了のダイアログ
Firefox Sync登録完了のダイアログ

以上で Firefox Sync の登録は完了です。

WindowsからUbuntu 10.04 LTS デスクトップへの"Firefox"の設定とデータの同期

もしもWindowsのFirefox4と Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のFirefox4が同時に起動できるのであれば、

1. Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のFirefox4を起動し、「ツール(T)」メニューから「Syncをセットアップ(Y)」を開く。

2. 「既にFirefox Syncのアカウントを持っています」 の下の 接続ボタンをクリックしてワンタイムパスワードを表示させる。

3. Windows側のFirefox4を起動し、「ツール(T)」→「オプション(O)」を開き、 "Sync" アイコンタブをクリックする。

4. "デバイスを追加" リンクをクリックし、2.で表示されているワンタイムパスワードをタイプして 次へ(N) ボタンをクリックする。

という手順でWindows側のFirefox4の設定とデータを Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ 側のFirefox4に反映させることができます。もちろんその後はデバイスを解除しない限り、Firefox4の起動時または「ツール(T)」→「今すぐ同期(S)」でただちに共有データが同期されるようになります。

ワンタイムパスワードを使う一般的なFirefox4の同期方法
ワンタイムパスワードを使う一般的なFirefox4の同期方法

このように、両方のFirefox4が同時に起動できる場合には、メールアドレスやパスワード、Syncキーの入力は不要で設定とデータの共有ができるようになります。

しかし、デュアルブート環境ではそもそもWindowsと Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ を同時に起動することはできませんから、以下の方法でデバイスを追加します。

まず、 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ のFirefox4を起動し、「ツール(T)」メニューから「Syncをセットアップ(Y)」を開き、ダイアログが開いたら 接続 ボタンをクリックします。

「Syncをセットアップ」を開く
「Firefox Syncのセットアップ」から「接続」を開く
「Firefox Syncのセットアップ」から「接続」を開く

次に、 他のSyncデバイスを持っていない リンクをクリックします。

「他のSyncデバイスを持っていない」をクリック
「他のSyncデバイスを持っていない」をクリック

すると、 「サインイン」 の画面になりますので、登録したメールアドレス、パスワード、登録時にもらった Sync キー をタイプして 次へ(N) ボタンをクリックします。入力内容に間違いがなければ設定が完了します。

Firefox Syncの登録情報を入力
Firefox Syncの設定の完了
Firefox Syncの設定の完了

以上で Firefox Sync による、デュアルブート環境でのWebブラウザ設定とデータの同期は完了しました。

Linux初心者向けにRedHatEnterpriseLinuxクローンの CentOS WhiteBoxEnterpriseLinux を使った筆者制作の 自宅サーバー構築 解説サイト お便利サーバー.com も公開中です。
サーバー構築にご興味がおありの方はぜひ一度お越しください。
Ubuntu 10.04 LTS デスクトップが掲載されている書籍です(Amazon)
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては リンクについて をご覧ください。
Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Ubuntu”及びその他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。